GamePAGE CATEGORY HEADLINE

用語集PAGE SECTION HEADLINE

用語集について
Project NOAH - プロジェクト・ノア - では、説明セリフを最小限にするため、意図的に用語の説明を省いている場合があります。
わからない用語が出てきた場合、こちらの用語集ページをご覧下さい。
アイリス
惑星ノア・人類統一議会の本部がある巨大建築物。
真瀬・ノア・カインや一部のアドミラルが居住し、様々な施設がある。
アドミラル
特殊な脳波をもつ人間。
各地にある訓練所に入って継承戦での戦い方やバトルアークの操艦方法を学び、継承戦に備えることになる。
慰霊碑
惑星ノア各地に設置されている、死者を弔うためのもの。
港の先など、海に近いところに建てられることが多い。
訓練所
アドミラルとして覚醒した者がバトルアークの操艦技術や戦術などを覚えるために通う施設。
アドミラル能力が覚醒した時点で強制的に入所することになる。
継承戦
地球時代にも行われた「方舟」の正当な所有者となる「マスターアドミラル」を決めるための戦いで、方舟が発見されたエリアで行われる。
全人類移民派
「全ての人類を惑星ラメクに移民させる」という理念を掲げる派閥。
代表はカイン=ローゼンクランツ。
選民移民派
「選ばれた者のみが惑星ラメクに移民する権利をもつ」という理念を掲げる派閥。
シェーラ・カーマインとグレン・カーマインが共同代表を務める。
所属アドミラルの人数が最も多い。
「メリトクラシー財団」が母体となっている。
終末派
「惑星ノアが滅びる際、人類も共に滅びるべき」という理念を掲げる派閥。
代表はアリア・ロタス。
「ロタス教」が母体となっている。
集会(ミサ)
ロタス教で行われている会合。
海で亡くなった人を追悼する意味合いもあり、信者でなくとも参加することができる。
セカンドクレイドル
メリトクラシーが建造中の超巨大輸送艦。
惑星ラメクへ移民する際に、人類の移動手段として使われる予定である。
しかし輸送艦単体で惑星ラメクまで飛行する能力はなく、起動には12隻の「方舟」が必要になる。
総提督
艦隊を率いる代表者。
地形
戦場には様々な地形が存在する。
影響を受けにくい・受けやすいアドミラル・バトルアークも存在する。

#浅瀬
#大波
#渦
#岩礁
#暗礁
天候
戦場には様々な天候が存在する。
影響を受けにくい・受けやすいアドミラル・バトルアークも存在する。

#曇り
#雨
#霧
#嵐
ニライカナイ
ロタス教の教義に存在し、信者たちが信じている「理想郷」。
全ての魂は死後「ニライカナイ」へと導かれ、そこから惑星ノアに再誕できると考えられている。
方舟
かつて「地球」が水没した際、人類の脱出に使われた惑星間航行移民船。
惑星ノアの技術では造ることができない。
全部で12隻存在し、その全てが惑星ラメクへの移民に欠かせないものである。
バトルアーク
アドミラルだけが持つ特殊な脳波によって操ることができる船。
小型艦→スピードが早く、小回りが利くバトルアーク。一般的に射程は短く火力は低い。
中型艦→平均的なバトルアーク。小型艦より高火力で射程が長い。
大型艦→今ではあまり使われなくなった大型のバトルアーク。中型艦よりも高火力で長射程。
プロジェクト・ノア
惑星ノアの危機に際して、人類を救うため全人類統一議会が提唱したプロジェクト。
当初は全人類を惑星ラメクに移民させるという計画であったが、選民派・終末派の台頭により計画が変更になる可能性が出てきている。
マスターアドミラル
「方舟」を所有する特別なアドミラル。
現在はカイン=ローゼンクランツを含む11人のマスターアドミラルが存在する。
メリトクラシー財団
シェーラ・カーマインが総帥を務める財団。
「生まれではなく、能力の高い者が成果に見合った地位につく」という理念の下、能力の高い者を取り立てることで世界を改革しようとしている。
惑星ノア
人類が「地球」から移民した惑星。
国境線がなく、人々は平和に暮らしていた。しかし現在は地殻変動による海面上昇が起きたことで水没の危機に瀕している。
付近には惑星ノアによく似た双子惑星「ラメク」が存在する。
惑星ラメク
「惑星ノア」の近くに存在する、惑星ノアの双子惑星。